自動車ローン 審査

自動車ローンはカーローンとも呼ばれ、自動車を購入する際の専用ローンです。

 

購入にあたっては必要書類を提出しますが、前提となる条件がいくつかあります。申し込む資格があるのは成人以上の年齢で安定収入がある人のみです。住宅ローンなど他に多額の借り入れがある場合や、年収に対する借入額の割合が規定以上になる場合はローン審査ではじかれることがあります。

 

返済の支払が長期にわたって滞納している場合はほとんどの場合通りません。日頃からの社会的信用が結果を大きく左右します。

 

自動車ローンのローン審査を組むにあたっての必要書類はまず、車を購入した事を証明できる注文書や車検証などです。このうえにパスポートなどの写真付の本人確認ができる書類と所在がわかる証拠となる住民票を添えて提出しなければなりません。

 

また所得証明や源泉徴収など収入が証明できるものがローン審査には必須になりますが、自動車ローンの場合は収入額に加えて職種や勤続年数なども審査対象になるので一般的な消費者金融の審査に比べると基準はかなり厳しくなります。

 

銀行などの金利の安い金融機関で組むより信販系の方が比較的組みやすい傾向にあります。必要書類を揃えて提出した後、数日程で結果が通知されますが、不備があった場合は再度出直します。

 

自動車ローンで支払えるのは本体価格のみです。自動車税や車庫証明はあくまで現金で支払う必要があります。最終段階で電話などによる在籍確認が行われます。