審査 勤続年数

カードローンの審査では勤続年数が1年以上あれば、審査に通ることがありますが、自動車ローンのローン審査では難しいことがあります。

 

その違いは先ず借入金額にあります。
カードローンの初期の借入金額は数十万円です。

 

しかし、自動車ローンは100万円を超えるケースもあり、高額な借入金額となります。
そのため、ローン審査は同じ無担保・保証人なしでも厳しい傾向もあるのです。

 

目安となる勤続年数ですが、3年が基準となります。
ローン会社によって設定している年数が異なりますが、継続性を考慮して3年となります。

 

また、3年以外にもローンの返済期間が考慮されることがあります。
返済期間が長いほど、ローンで組む金額が多いほど審査の傾向は厳しくなります。
目安であっても、3年は絶対値でありません。

 

長く勤めているほどローン審査は有利に働きます。
また、転職で年収が上がったとしても、勤続年数次第となります。

 

これも安定した収入を目安とするローン審査共通の条件です。

 

勤続年数の他にも、自動車ローンも信用情報機関のチェックをかけるので、過去のローンの支払い状況も審査を左右します。
延滞があれば履歴にきちんと残っており、携帯電話やスマートフォンの機種代金の支払い状況でも信用情報機関に登録されています。

 

また、普段使っている銀行で自動車ローンを組む時、口座振替分の履歴も審査に影響することがあります。
公共料金の引き落としも然り、月々の支払い状況が振替によって把握されていることが理由です。

 

言わば、支払いの安定度という見方ができる訳で、勤続年数については収入面の安定度ということができます。

自動車ローンに限らず、どのローンでも「毎月安定した収入を得ていること」はローン審査において最低条件となります。

 

しかし、自分で事業を営んでいる自営業者の場合は、毎年の確定申告書や源泉徴収票などを見て年収状況を算出し、ローン審査を行います。サラリーマンの人でも自営業の人でも、ローン審査の基準に違いはないものの、収入が不明瞭な自営業者の場合、ローン会社によっては通常の自動車ローンでは審査に通らない可能性があります。

 

自営業の人は、各ローン会社が展開している「自営業者向け」の自動車ローンを利用するのがおすすめです。

 

この自動車ローンは、ローン審査の基準が通常と異なり、借入総額が自分の年収の50%を超えない範囲であれば借り入れが可能です。例えば、年収が300万円の人の場合は、その50%に当たる150万円を超えない範囲であれば借り入れを行うことが出来ます。

 

ただし、過去に延滞や債務整理などを行った人はこの限りではありません。そのような人は、俗に「ブラックリスト入り」と呼ばれ、5年から10年程度は新たなローンが組めなくなります。また、自営業者の場合、車を個人用で利用するか事業用で利用するかで、審査基準が異なってきます。

 

もし、車を事業用として購入する場合は、各自動車メーカーが展開している「カーリース」や「ディーラーローン」を利用することで、比較的審査に通りやすくなります。もし事業目的で車を購入するのであれば、まずカーディーラーに相談するのがおすすめです。