自動車ローン 年収

自動車ローンの審査もカードローンの仕組みとあまり変わりません。申し込み内容に応じて信用情報機関で債務や利用履歴の状況をチェックされて、問題がなければ契約できます。

 

では、ローン審査で問題となるものは何か、その一つが年収です。年収とローン審査の関係では、カードローンでは総量規制という縛りがありますが、自動車ローンには適用されません。これは他のローンでも同じです。

 

それでも、年収に応じて基準があり、50%が目安とされています。つまり、年収が400万円の方であれば、自動車ローンで組める金額は200万円が限度となります。必ずしも50%まで借りるとは限らず、他のローンに利用がある場合、例えばカードローンも利用しているならば、50%よりも低く設定されます。

 

また、契約する自動車ローンを含み、トータルの返済金額もローン審査を通過するポイントになります。自動車ローンを組む際にボーナス払いを併用できる場合もありますが、おすすめは毎月の収入で計算することです。確かにボーナス払いを併用することで月々の支払いは減らすことができます。

 

しかし、ボーナスは毎年支給されるものではなく、変動する収入です。仮にボーナスの支給額が減った場合や支給なしとなれば、その月の返済に苦慮することになります。自動車ローンの賢い組み方は総返済金額でみること、それが年収の中でどれぐらいの割合を占めるのか計算することです。

 

使途自由のカードローンと比べて金利は低めでも、大きな借入金額ともなるのが自動車ローンでもあり、支払い金額をベースに吟味することが大事です。