ローン審査 落ちる

自動車ローンとは、自動車の購入や免許の取得、また車検などを目的として利用することができるローンのことです。

 

ですから、自動車ローンの審査に通るためには、目的がこうしたことであると言うことが大前提です。
しかしそれ以外にも、ローン審査に落ちる理由があります。

 

審査基準は金融機関によって異なるので、一概には言えませんが、ある程度共通している理由もあるため、事前に自分で確認しておくことが重要です。

 

まずは、信用情報です。信用情報とは、ローン契約を結ぼうとしてる人の、過去のローン利用状況やその返済状況、クレジットカードを利用している場合は、その利用状況などについてまとめられた情報です。

 

これに、たとえば『過去のローン返済において、遅延があった』や『クレジットカードの支払いが遅れたため、強制的に契約を解除されたことがある』などの記録が残っている場合は、それが落ちる理由となり、新たなローン契約を結ぶことは難しくなります。

 

また、ローン審査ではその人に継続的かつ安定した額の収入があるかどうかという点もチェックされます。
ですから、その人の収入状況や勤続年数、年齢なども、場合によっては落ちる理由になり得ます。

 

また自動車ローンに限らず、短期間に、目的が異なるとは言え、いくつものローンを利用すると言うのも、審査を通過することを考えるのであれば、あまり良いとは言えません。

 

そのために審査を繰り返し、落ちたと言う記録が残っていると、それだけで『何かあるのかな』と敬遠されてしまう可能性もあるため、立て続けにローン審査を受けない、またローンを利用しないと言うことも重要です。

 

▼それでも無理なら・・・
無人契約機で即日キャッシング