自動車ローン 審査

自動車を購入することにして、現金で購入しようにも資金が足りなくてローンを組むことにして、自動車ローンを申し込むことにしたとします。この時人によっては自動車ローンを断られる場合があります。その理由ですが自動車ローンにはローン審査が有って、その審査が通らない場合は、ローンを組めなくなります。

 

ローン審査が通らない理由ですが、まず収入が有ります。ローンを返済するのに必要な収入が無ければ確実に審査が通りません。それで十分な収入が有っても他社借入が有って、それらの返済をしている場合も返済能力が無いと判断されれば審査が通らなくなります。

 

次に過去に金融事故を起こしている場合です。過去に金融事故を起こしている場合は、ブラックとしてローン審査に引っかかり審査が通らないです。自動車ローンを扱う金融機関はローン審査時に信用情報機関に申込者の借入状況の情報開示を請求します。この時過去の借り入り状況を照会され、現在の借入状況や延滞などの金融事故の経歴が分かります。

 

だから自動車ローンの申し込み時に審査が通り易いようにと、現在の借入金額を過少申告しても金融機関はいくら借りているか分かるので、全く効果が無く逆に借入状況を分かっていないということで審査が厳しくなってしまいます。

 

ゆえに自動車ローンを申し込む時は、現在の借入状況や過去の金融事故の有無を確認することです。確認してみて審査が通るか通らないかを自己判断してから、申し込むと良いです。